子持ちでの離婚!注意点や適切なタイミングとは?

other

仮に夫婦関係が悪化したとして、子どものいない二人の場合は、離婚も決意しやすいことでしょう。

ですがやはり子どもがいるとなると、離婚のタイミング、そして、そもそも離婚してもいいのかどうかについても悩むのではないでしょうか。

そこで今回は子持ちの人が離婚する際に注意したい点について紹介していきます。

自分が離婚を考えている場合もそうですが、現在不倫関係にある子持ちの相手を略奪したい際にも、参考にしてみてください。

子持ちで離婚する際の注意点

それでは、早速ですが子持ちの人が離婚する場合に注意しておきたいことを見ていきましょう。

親権について

子どもがいる夫婦が離婚する時、基本的に親権はお互い話し合って決めることになります。

そして、双方が親権について譲らない場合、裁判を経て決定されることになります。

一般的には母親の方が親権を獲得するケースが多いです。

しかし、妻側の浮気や子育てに関して重大な問題を抱えていることが離婚の引き金となっている場合、父親側が親権を獲得することになります。

養育費について

子どもがいる夫婦が離婚する場合、親権とともに注意が必要となってくるのが、子どもの養育費の金額、そしてそれをどのように支払うのかという点です。

特に、親権を獲得しなかった側の方が多くの収入を得ている時は、親権は得られずとも養育費の支払いは義務となる、ということは覚えておきましょう。

ちなみに養育費の条件について夫婦での話し合いでは解決できなかった時は、親権同様やはり裁判所の決定に委ねられることになります。

なお、たとえ妻が夫より収入が多かったとしても、夫が養育費を支払うケースも少なくありません。

子育て環境について

離婚に際して親権を無事に獲得できたとしても、収入面や時間の都合など、子育てが疎かになってしまうようでは、せっかく離婚できたのに親子共々不幸になってしまいます。

そのため、離婚を進める前に子育てをしっかり行なえる環境を整備できるかは考えるようにしましょう。

面会について

離婚に至った相手ですから、離婚後はスッパリと縁を切り、子どもとも会わせたくない。そう考える人もいるかもしれません。

しかし残念ながら、相手によほどの問題がない限り親権を得られなかった側には子どもとの面会交流権が認められてしまいます。

離婚による子どもへの影響

どんなに夫婦間の関係がひどい状態だとしても、子どもにとっては基本的に父親も母親も甲乙つけ難い大切な存在です。

だからこそ、離婚となると子どもにとってはショックが大きいもの。心身に少なくない影響が出る可能性がある、というのは無視することができない事実です。

ですので、夫婦双方の感情だけで離婚に突き進むべきではないとも言えるでしょう。

ただし、もちろん配偶者によるDVが離婚を考える背景にある場合には、一日も早く相手から離れた方がいいでしょう。

子持ちが離婚するのにベストなタイミングってある?

子どもがいる夫婦が離婚を検討する際に注意するポイントはたくさんありますが、離婚が決定的になった際、子どものことを考えるとそのタイミングも大事です。

入学前にタイミングを合わせるのが一番

小学校や中学、高校などに入学する前に離婚をするのが、子供のことを考えると一番のタイミングだと言えます。

離婚はただでさえ子どもにとって心身に大きな影響を与える出来事。

その上に離婚に伴う引っ越しや転校、苗字の変更などが重なってしまえば、離婚とともに慣れ親しんだ生活から離れて新たな環境に身を投じなければならないことでかかってくるストレスも出てきます。

そのため、両親の離婚そのもの以上のストレスを与えないためにも、入学前に離婚するのが子どものことを考えるとベストだと言えるのです。

子どもが未就学児のケース

子どもが未就学児のケースでは、この親権を獲得する方が、離婚後にしっかりと子育てができる環境を整えることができたタイミングが離婚に適した時期です。

特にこれまで子育てのために仕事から離れていた妻側が離婚に際してシングルマザーとなる場合、仕事と住む場所の確保は必須と言えるでしょう。

この2つを決めずに離婚してしまうと、やるべきことが多くなり、子育てどころではなくなってしまう可能性が高まるからです。

反対に子持ちで離婚するのにNGなタイミングとは?

子持ち離婚に適したタイミングを確認した後は、反対に離婚するのにNGなタイミングについてもきちんと見ていきましょう。

子供の苗字が変わるなら特に注意が必要

子どもという言葉には純粋無垢なイメージがついて回るものですが、まだ人生の経験や知識などがそこまでついていないからこそ、その純粋さが時に仇となることもあります。

些細なきっかけからイジリ、イジメの材料を得てしまい、残念ながら子どもがその標的となる可能性があるんですね。

だからこそ、離婚に伴って子どもの苗字が変わることになるなら、離婚するタイミングはかなり重要になってきます。

特に引っ越しや転校もなく苗字だけが変わってしまうケースでは、両親が離婚したということが子どもの友だちだけではなく周囲にも伝わってしまうことになります。

子どもが不用意に傷つけられる危険性を回避できるよう、離婚のタイミングやアフターフォローをどうするかはよく考えた方がいいでしょう。

最後に

子どもがいる2人が離婚する場合、離婚後の生活のこともそうですが、子どもの心身への影響を最小限に抑えるために何ができるか、ということも考えなければなりません。

自分の子どもも含め、離婚したことを後悔しない幸せな生活を手に入れるためにも、愛する人の子を不幸にしないためにも。

今回の記事が参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました